TRiNiDAD-ダーツブランド・トリニダード-

バレル

TRiNiDAD Pro ModelGomez type9

TRiNiDAD Pro Models Gomez type9

TRiNiDADプレイヤー山田 勇樹考案バレル

山田 勇樹が辿り着いた答え。
それはTRiNiDAD史上、最長・最重量・前重心の王道ロングストレート。

プロダーツプレーヤーになった初期からハードダーツを視野に入れ、最終的にはストレートバレルになると公言していた山田勇樹。遂にその時が来た。

ハードダーツにおける、グルーピング力・スタッキング力をアップさせる為のストレートバレルであり、この重量と長さに辿り着いている。

グリップ部メインカット内の後方4本リングカットの中は、階段状になっており強いかかりになっている。前方3本は人先指の腹が触れるポイントで、上記カットよりも若干かかりの弱いシンプルなリングカットを配置。ダーツを離す瞬間に人差し指の腹が邪魔をしない様に、且つダーツに素直に力が伝わる様に考え抜かれた配置になっている。

前方カットは一見シンプルなリングカットに見えるが、ここにもイギリスを体感した山田勇樹のこだわりが詰まっている。普通のリングカットとテーパー角度の付いたリングカットを交互に配置しており、ガチッと絡みつき、スタッキング力がアップ。中指をかける方には、グリップ安定のアシストにもなる。

22.7gの前重心ストレート。1本目・2本目のダーツを強引にかき分けてグルーピングしていく。

これが山田 勇樹が辿り着いた答えである。

SPEC

重さ
22.7 g
長さ
55.0 mm
最大経
6.5 mm
材質
95% Tungsten

バレル使用プレイヤー

山田 勇樹